プロミス審査におけるアルバイトへのエール

プロミス審査

アルバイトは正社員より雇用が不安定なうえ収入も少ないからカードローンは無理なんだ。こんなネガティヴ思想は今日でお別れです!!プロミスのカードローンはアルバイトでも問題なく利用出来ます。そもそもプロミスの利用条件は20歳以上であること、安定した収入があることの2つです。

 

アルバイトは安定してないと勝手に決め付けてませんか?収入が低いとダメなんて条件書いてありますか?プロミスではアルバイトも安定した収入の位置付けで審査をしますので全くもって問題ありません。収入は多い事にこしたことはありませんが低くても全然OK。しかしながら正社員などと比較すると若干審査のハードルが高くなる事は無視出来ません。

 

そこでどんなアルバイトがプロミスにとって評価を受けるのか知っておくと自信につながるでしょう。先ずは勤続年数が長ければ評価は高まります。同じ所で長く勤務するという事は必然的に社会的信用が高まります。更に出勤日数が多いと言うことも収入の多さにつながりますので評価されます。また当然の事ながら職種によっては高時給を受けているなども含まれます。

 

また複数アルバイトをしている方は総収入として申告出来ますので正社員よりも年収が高いケースもみられるでしょう。この様に評価を高く受けることも大事ですが審査で本当に必要とされるのは謙虚で虚偽のない申告になります。どうしてもアルバイトで不安や自信がないことから年収を盛って申告したり、他社借入を隠す傾向があります。しかしながらプロミスでは審査の際に信用情報機関を通してあなたの情報をチェックします。

 

その結果、虚偽の事実が判明すればもちろん審査は落ちます。プロミスはあなたがアルバイトで収入が少なく、担保となる資産などなくともお金を貸してくれます。それは全てあなたの信用をもとに判断されるのです。そこに正社員だから、アルバイトだから、は正直関係ありませんよね。自分が信用たる人物だと思うなら堂々と審査に挑むべきです。そしてあなたの信用に賭けてくれたプロミスに堅実な返済を通して応えましょう。

 

プロミスの審査は在籍確認必需!けど頭痛のタネと言わせない

プロミスのカードローンを利用したいが審査における勤務先への在籍確認は頭痛のタネですね。何よりも職場に自分がカードローンを利用していると言う事実がバレるのは避けたいものです。ましてアルバイトですと雇用が不安定ですのでカードローンの事実がクビに結び付くなんてネガティヴな思いを抱いてしまいませんか?しかしながらプロミスでは勤務先への在籍確認を避ける方法はありません。

 

もちろんですがアルバイトでも間違いなく行われます。そもそも在籍確認は勤務先の申告に虚偽がないかの確認のために行われます。カードローンの利用条件である安定した収入がある方という項目が無職では満たされないためです。では実際に在籍確認はどのように行われるか見ていきましょう。

 

在籍確認が行われるタイミングとしてはカードローン申し込み時の必要事項の記入と必要書類の提出が完了した時点での本審査中に行われます。方法としてはあなたの指定した勤務先の連絡番号に電話をかけてあなたの在籍を尋ねるかたちになります。その際はプロミスと社名を名乗ることはなく審査担当者の個人名であなたの在籍を尋ねます。逆に担当者が何かを尋ねられても絶対に答えることはありません。

 

この様にプロミスはプライバシーに最大限配慮したかたちで在籍確認を行いますのでバレるリスクは低いと言えるでしょう。それでも心配な方は審査の本人確認連絡の際に審査担当者に相談するとよいでしょう。プロミスでは在籍確認の連絡担当者の性別を指定出来たりある程度あなたの希望をきいてくれます。

 

プロミスとしてもカードローン契約をしてもらいたい訳ですから協力は得やすいでしょう。仮にあなたが飲食店でアルバイトをしている場合でしたら、この時間は忙しくお店に迷惑が掛かるから避けて欲しいなどの希望を伝えるのもよいですね。

 

またあなた自身が職場に自分の在籍を尋ねる連絡がある事を伝えておくこともよいでしょう。その際はクレジットカードの審査で在籍確認があると言えば怪しまれることもないでしょう。この様に在籍確認の方法や内容を知ることで頭痛のタネとなることはありませんね。気持ちよくカードローン審査にのぞみましょう!

プロミスの審査が甘いと言われる真相を探ってみた!

プロミスは審査が甘いからアルバイトでも大丈夫!!アコムがダメでもプロミスなら大丈夫!なんて口コミがよくネットに書き込まれて鵜呑みにしてるあなた。今すぐ考えを改めましょう。決してプロミスは審査が甘い訳ではありません。

 

お金を貸す訳ですからしっかりと審査を行った上での借入実現となります。しかしながらアルバイトがカードローン契約を結べないなんてことは決してありません。実際に利用条件として安定した収入をお持ちであればだれでも利用が可能となります。確かにこの利用条件そのものが審査が甘いという代名詞なのかもしれませんね。

 

そして数ある消費者金融からプロミスが甘いと言われる理由は審査の基準ではない一面が見られます。それは多彩なサービスの充実のように受け取れます。プロミスではネット申し込みを入り口としてあなたに合った利用方法の選択が可能です。振込キャッシングを利用した完全カードレスの実現、しかも振込先を三井住友銀行口座かジャパネット銀行口座を指定することでの24時間利用可能なうえ手数料無料化、明細書などをwebで閲覧することで自宅への郵送物のカットと利用者側の立場でのサービスが展開されています。

 

更に審査のスピードが素早いという理由の裏付けとして審査担当者、オペレーターのスキルの高さがあるようです。特に初めてのカードローン契約は不安なものですね。担当者が親切に対応して不安を解消してもらえるのはありがたいことです。そしてプロミスは大手消費者金融の平均金利である4.7%?18.0%に比べ4.5%?17.8%と若干ではありますが低い設定となります。僅かな金利の差でも長期間の返済では大きな影響となるでしょう。

 

今ならweb明細書の利用とメールアドレスの登録のみで30日間の無利息期間のサービスが受けれるのも嬉しいですね。他社含め審査基準などあまり気にすることなくサービス重視のプロミスのカードローン審査をオススメします。